交通事故後遺症

交通事故による後遺症というのは非常に様々なものがあります。
比較的軽度なものから重度のものまでを最終的に決定するのですが、後遺症に関しては後遺症認定を行わなければなりません。
後遺症認定を行った後、ここでの後遺症に対しても保証内容をしっかりと決め、最終的には示談へと話が進んでいくことになります。 後遺症認定に関しては、当然ながらドクターの診察が必要になってきますので自分の中でどんなに痛いと言っていても、診断結果で納得のいく後遺症診断ではない場合もあります。
また可能な限り慰謝料などが欲しいからと痛くもないのに痛いと言っていても、後遺症認定は行われませんので覚えておきましょう。 後遺症認定について悪用する人などが後を絶たないため非常にシビアな検査が行われることもあります。
特に比較的軽度な後遺症に関しては、後遺症認定をするのが微妙な部分もあり何度か通院しながら症状を判断した上で最終的に決定していきます。 例えば交通事故が起きてから1週間後に首が痛いので、すぐに後遺症認定をして欲しいと言っても認定されるものではありません。
また原則として鞭打ち症というのは後遺症害に入っておらず、どれだけの期間痛みが続くのかも分からず下手をすれば一生涯状況に応じて同じような症状が出てしまいますので、後遺症として扱われていませんので覚えておきましょう。 鞭打ち症に関しては致し方がない症状として、事故が起きた直後に必要な治療を行いその後に関してはご本人のケアが重要と言う見解です。

▼外部リンク▼
交通事故による後遺症に悩まされている方向けの相談サイトです → 交通事故の後遺症

Copyright © 2014 交通事故と後遺症 All Rights Reserved.